Number(ナンバー)5Lバックパック徹底レビュー【ランニング向けおすすめ】

Number (ナンバー)5Lバックパックってどうなの?使いやすいの?


そんなギモンにお答えします。


計量で小型かつ装着感もよいランニング向けのバックパックを探しており、そこで「Number (ナンバー)5Lバックパック」を見つけ、購入しました。


実際フルマラソン・トレーニングで使用しており、走りを妨げない装着感・荷物が多い人でも安心の収納力に、個人的には購入して正解でした。


そこで今回は、「Number (ナンバー)5Lバックパック」を使用してみた感想をお伝えします。


購入を検討されている方は、参考にしてみてください。





Number (ナンバー)5Lバックパックの外観・特徴





Number(ナンバー)が販売しているバックパック。


デザインはシンプルで、中心部分に「R.C.N.B」の文字のみです。


カラーはブラックなので汗や雨、ドロの汚れが目立ちにくいです。






まず外側ですが、両サイドに収納ポケットは2つあります。


こちらの収納はペットボトルが入るほど大きくないため、補給食を入れるポケットになります。




次に中の収納ですが、ペットボトル、補給食、小銭入れ、スマートフォン、タオルなど、さまざまなランニンググッズが入ります。(下の写真↓)






レース中に必要なものはラクラク収納できる大きさとなっています。


続いて背中部分ですが、通気性がよく、身体から汗がかきにくい作りになっています。


また、バックルで固定できるので、より安定感が増すでしょう。(下の写真↓)






最後に、大きさの比較ですが、ザバスのプロテイン(1キロ)とほとんど同じ大きさです。


5Lではありますが、ランニングには十分すぎるバックパックとなっています。










使用してみて感じたこと【デメリット】


まずはじめに、デメリットからお伝えします。



荷物の出し入れが少し手間


背中に背負うタイプなので、ランニング中に荷物を取り出すのが少し大変です。


動作としては、肩からバックパックを外し、ファスナーを開け、荷物を取り出す必要があります。


まあ、一般的っちゃ、一般的ですが、走りながらだと、この動作が大変だと思います。


僕のように1キロあたり、5:30~6:00ペースで走っていれば取り出しづらさは感じませんが、1キロ4分以上で走っている、もしくはタイムを狙っている人はおすすめできないですね。


何度も取り出さなければ、初心者の方へはおすすめできます。




身体にフィットするので、背中が汗で冷える


これはメリットでもあり、デメリットでもありますが、背中にフィットするあまり、長時間の着用が原因で汗により濡れてきます。


夏の場合はそうでもないですが、冬などの寒い時期に背中だけ汗をかくと、身体全体が冷えてきます。


このデメリットは、「Number (ナンバー)5Lバックパック」でなくても、全バックパックに言えるのではないでしょうか。




使用してみて感じたこと【メリット】


コンパクトながら5Lと大容量


ランニングポーチや腕で固定するスマホケースでは容量が少なく、もうちょっと荷物を入れたいと思い、見つけたコンパクトなバックパック。


5Lと少ないように感じると思いますが、ランニングにおいては5Lあれば十分です。


実際に

    ・500mペットボトル1本
    ・補給食5〜10コ
    ・スマートフォン
    ・小銭入れ
    ・タオル


はラクラク入ります。




レースだけでなく、旅ランなど、ちょっとした荷物を入れたい時に便利です。


でも、入れすぎると重くなってしまうので注意は必要です。笑




とにかく身体にフィットしてストレスなく走れます。


ランニングポーチや腕で固定するスマホケースを購入し、使用してみましたがランニング中の振動で固定されません。


しかし、バックパックは両肩で固定でき、お腹部分のバックル(留め具)で更に固定されるのでランニングの振動ではズレません。


これでストレスなくランニングができ、レースでも良いタイムが出せます。


荷物も入れられ、走りにも影響しないバックパックとしてオススメです。




フォームが安定する(猫背解消)


背中にフィットするので、フォームが安定し、猫背解消効果が期待できます。


元気のうちはフォームを意識して走れるので問題無いと思いますが、疲れてくると猫背になってきます。


しかし、バックパックを背負えば自然と猫背を解消し、安定した走りをアシストしてくれます。


実際に、フルマラソン中装着していましたが、常に背筋を真っ直ぐに固定してくれるので効果はあると感じました。




まとめ レースでもトレーニングでも使えるバックパック


最後ですが、レースでもトレーニングでも使えるバックパックだと感じました。


身体にフィットされるのでストレスなく走れ、また、心配性にありがたい大容量という点も点数が高いです。


改めて、メリット・デメリットです。

    ●メリット
    ・コンパクトながら5Lと大容量
    ・とにかく身体にフィットしてストレスなく走れます。
    ・フォームが安定する(猫背解消)

    ●デメリット
    ・荷物の出し入れが少し手間
    ・身体にフィットするので、背中が汗で冷える


ぜひ、購入を検討されている方は参考にしてみてください。


以上でNumber(ナンバー)5Lバックパック徹底レビューとなります。







Number(ナンバー)5Lバックパック徹底レビュー【ランニング向けおすすめ】
最新情報をチェックしよう!