大会を探す

【北海道・東北編】おすすめのウルトラマラソン4選 自然が織りなす絶景を体感できます

【北海道・東北編】おすすめのウルトラマラソン4選

北海道・東北地方で開催されているウルトラマラソンが知りたい


そんな疑問にお答えします。


まず、ウルトラマラソンとはなにか、42.195キロフルマラソンより長い距離のマラソンのことを指します。


なので、60キロ、80キロ、中には100キロを超える大会も存在します。


しかも、大会によっては受付が終了してしまうほど


そんな今回は、北海道・東北地方に限定して、ウルトラマラソンを5つご紹介します。


今後、出場を検討されている方、ぜひ参考にしてみてください。


それではいってみよう。




利尻島一周悠遊覧人G(北海道)


北海道利尻富士町で開催される「利尻島一周悠遊覧人G」


北海道最北の離島「利尻島」を1周(53.7キロ)するコースとなっています。


島を1周する間に自然の景観や住民とのふれあい、心身のリフレッシュをしながら「完走」という達成感を感じることができます。


前夜祭や完走パーティーが行なわれるなど、大会を盛り上げてくれるイベントが用意されているなど、


利尻島の素晴らしさを体感できる大会となっています。


●詳細

開催日:6月上旬
開催地:北海道利尻富士町
参加料:6,000円
定員:600人
制限時間:10時間
エントリー開始日:2月〜
公式サイト:http://www.town.rishirifuji.hokkaido.jp/rishirifuji/1130.htm




この投稿をInstagramで見る

🏃‍♀️ . . 初めてのウルトラマラソン #利尻島一周悠遊覧人g 53.67㎞無事完走することができました! . . アップダウンが多くて10キロくらいまでは強風で泣きそうだったけど、左には利尻富士、右には青い海、上を見ると青空とどこを見ても綺麗で、気温が上がっても海から気持ちいい風が吹いてとってもいいコースでした。 . . 42.195キロ以降は足が上がらず1キロがとても長く感じて、最後の最後まである坂道と50キロくらいからまた強風の向い風が吹いて辛かったけど、隣にいた方が励ましてくれたお陰で気が紛れて頑張れました。みんなからもらったエナジージェルや応援の言葉を思い出して元気をもらい、無事ゴールすることができました。本当にありがとうございました。 . . 白い恋人の肩紐付き布ゼッケンがなんか好き♡ 前夜祭と後夜祭で食べれたウニも美味しすぎる♡ 利尻島っていいね!! . . #利尻島は白い恋人の故郷です #ウルトラマラソン #利尻島一周 #利尻富士 #利尻うに #りしりん #りっぷちゃん #りっぷくん #ロングラン #走るひと

(@y0u_115)がシェアした投稿 –




いわて銀河100kmマラソン大会(岩手)


岩手県北上市で開催される「いわて銀河100kmマラソン大会」


種目は100キロの部と50キロの部の2つ。


コースは北上市~金ケ崎町~花巻市~西和賀町~雫石町を回る、みちのくの大自然を満喫できるコースとなっています。


高低差は最大値で550mと、アップダウンが要所要所でありますが、20ヶ所のエイドステーションでエネルギーを摂取しながら完走に向けて進みましょう。


参加賞にTシャツ、アーリーエントリーでピンバッチとタオルが頂けます。


前夜祭も開催しているので、出場者と語りながら当日を迎えましょう。


●詳細

開催日:6月中旬
開催地:岩手県北上市
参加料:18,000円(100キロ)、15,000円(50キロ)
定員:2,000人(100キロ)、500人(50キロ)
制限時間:14時間(100キロ)、8時間(50キロ)
エントリー開始日:11月〜
公式サイト:https://www.iwate-ginga100.jp/







サロマ湖100kmウルトラマラソン(北海道)


北海道にあるサロマ湖で行われる「サロマ湖100kmウルトラマラソン」


「サロマ湖100kmウルトラマラソン」は、ウルトラマラソン初の公認レースに選ばれ、


また、世界一のウルトラランナーを決める大会の場所に選ばれるなど歴史ある大会となっています。


種目は、100キロの部、50キロの部の2つ。


100キロの部はサロマ湖の周りを走るルートで、高低差もほどんどない走りやすいコースとなっています。


世界大会開催の地に選ばれるだけありますね。


サロマ湖の美しい景観を楽しみながら走れる、このコースであなたも走ってみてはいかがでしょうか。


●詳細

開催日:6月下旬
開催地:北海道北見市
参加料:18,000円(100キロ)、12,000円(50キロ)
定員:3,550人(100キロ)、550人(50キロ)
制限時間:13時間4(100キロ)、8時間(50キロ)
エントリー開始日:1月〜
公式サイト:https://saromanblue.jp/







北オホーツク100kmマラソン(北海道)


北海道浜頓別町、猿払村が舞台の「北オホーツク100kmマラソン」


種目は、100キロの部、50キロの部の2つ。


コースは、エソジカやキタキツネが生息するエサヌカ直線道路やクッチャロ湖、北海道らしい酪農地帯などを回るコースで、


オホーツク海に面した素晴らしい景色の中走ることができます。


給水所、エイドステーションは全27ヶ所あり、水、スポーツドリンク、果物、スペシャルドリンクなどが頂けます。


浜頓別町、猿払村の自然豊かな街並みの中、ぜひ走ってみてはいかがでしょうか。


●詳細

開催日:7月下旬
開催地:北海道浜頓別町、猿払村
参加料:17,000円(100キロ)、12,000円(50キロ)
定員:800人(100キロ)、400人(50キロ)
制限時間:14時間(100キロ)、9時間(50キロ)
エントリー開始日:4月〜
公式サイト:http://www.north100.jp/




この投稿をInstagramで見る

昨日と今日は応援メッセージありがとうございました🙇 結果は82kmで目がチカチカ、少し耳鳴り、歩いてもフラフラしてるのが自分でわかったので自己申告でリタイヤしました😢 ご期待に添えなくて申し訳ないありませんでした🙇 . でも関門もクリアして完走ペースだったのですが…完走の希望が見えただけでも 嬉しくて後悔はありません。 . 応援頂いた皆さん、大会スタッフ、沿道からの応援ありがとうございました🤗 そして50kmの部、100km の部完走された皆さんおめでとうございます🏃‍♂️ . #北オホーツク100kmマラソン #浜頓別町 #100kmは難しい #スイカが美味しかった #🍉 #大漁旗 #エサヌカ線

Hitoshi Satake(@hitoshisatake)がシェアした投稿 –




●あなたにおすすめの関連記事

フルマラソン初心者向け持ち物リスト【完走経験者がおすすめする必需品は?】

初心者が完走しやすいフルマラソン大会10選

マラソン完走を目指す人におすすめの補給食10選【初心者必見】




ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA