マラソン大会まとめ

フルマラソン初心者が練習なしで完走できる大会3選

一度も走らなくてもフルマラソン完走できるって本当!?

練習をしなくても完走できるフルマラソンってあるの?


そんな疑問にお答えします。


僕は今まで一度だけフルマラソンに出たことがあります。


とてもつらかったですが、完走したときの達成感は計り知れないものでした。


皆さんも一度は出てみたいと憧れるフルマラソンだと思いますが、「走るの嫌いだからフルマラソンなんてムリ」って思っている人もいると思います。


今回は、そのフルマラソンに対する敷居を下げ、どんな形であれ完走はできるという勇気を与えられればと思っています。


周りの反応を気にしない!フルマラソンに完走したって称号が欲しい方必見です!!!




歩けば完走できるんじゃない?


フルマラソン(42.195キロ)を完走って、気軽にできるものではないです。


相当な距離走りこまないといけないし、辛くても辞めないメンタルも重要になってきます。


でも思ったんです!普段ランニングをしない人が急に走ろうと思わないが、歩くことなら可能では!と。


普段から通勤や通学で必ず歩いていると思いますし、歩くのが好きじゃなくても、苦手という人そこまでいないと思います。


しかし、走るのもしんどいのに、歩いてフルマラソンって完走できるのかって話ですよね…


条件次第ではできないことはないと思います。


その条件が気になると思いますが、まず初めに人が歩くスピードってどのくらいなのというところから説明していきます。




人が1キロを歩くのにかかる時間は12分30秒




まず、人が歩くスピードってどのくらいなんだって話ですが…正式なデータはありません。


ですが、『不動産の表示に関する公正競争規約』で人が歩くスピードが定められいます。


一人暮らしをした人ならわかると思いますが、物件の条件のところに「最寄り駅から徒歩○○分」という表記を見たことあると思います。


この数値は『不動産の公正競争規約』で定められたものから割り出しています。


ちなみに、歩くスピードですが、『不動産の公正競争規約』で道路距離80mに徒歩でかかる時間を1分と定めています。


ですので、徒歩で1キロ歩いた際にかかる時間は単純計算で「12分30秒」になります。


こちらのスピードは平均値なので、男性、女性、履いている靴などによって条件は変わってきますが、1キロはだいたい12分30秒で歩けるみたいですね。


続いて、走らずにフルマラソン完走できる条件についてご説明します。




練習なしでも完走できる大会3選


走らずに完走できる大会ですが、こちらは「絶対」ではないです。


スタート地点から歩いている人は競技をやる資格がないと見なされ、運営側に止められる可能性が高いからです。


「練習なし」「歩いて」とお伝えしましたが、全て歩いてしまうと問題なので42キロのうち5キロでも走れさえすれば完走に近く大会がありました。


完走できる大会の条件ですが、大会ごとに設けられている制限時間が鍵を握ります。


その制限時間とは、9時間以上の大会なら完走する可能性が高いです。


9時間の場合、計算したところ、1キロあたり12分48秒で進めばいいので、先ほどの12分30秒であれば、スタートから5キロほど走れば達成することができます。


でも制限時間9時間以上の大会ってあるの?って話ですよね!


調べたところ、制限時間9時間以上の大会をいくつかあったのでご紹介します。




エコスローマラソン印旛(制限時間:9時間)




千葉県印西市で行われるフルマラソン大会です。


「エコとスローで環境を守り、震災孤児を助け、平和な地球を!」というスローガンで、走りながらゴミ拾いをし、きれいな町にしていくことを目的とした大会です。


特徴としては、外国人の参加者が多く、全体の93.25%が訪日外国人とのことで、公式ホームページも日本語・英語の両方で書かれています。


コースは、1,273年の歴史を持つ松虫寺、日本の名松百選指定の甚兵衛公園、192種の野鳥が訪れる自然豊かな北印旛沼や筑波山の景観を眺めながら進んでいきます。


“世界で最も幸せな給水所”では足湯に浸かり、足つぼマッサージや満開の桜の下での野点や琴演奏、味噌汁、焼き鳥、地域青少年の和太鼓や浴衣少女達による日本の唱歌を訪日外国人と共に楽しむというフルマラソンとは思えないですよね。


大会エントリーは2つに分かれ、制限時間9時間は早期スタート参加者のみなのでスタート時間が6:15と早いです。


ちなみに通常スタートは8:15で、この場合の制限時間は7時間となります。


国際文化交流ができるフルマラソン大会として海外の気分を味わえるのでぜひ参加してみてください。




関連記事:【初心者におすすめ】千葉で開催されるマラソン大会5選


京都木津川マラソン(制限時間:なし)




この大会は、京都府で行われているマラソン大会です。


30年を超える歴史ある大会で、制限時間が設けられていない日本では珍しい大会です。


参加料も5,000円と安く、高低差もあまりないので初心者が一番最初に走るのに相応しい大会になっています。




関連記事:関西地方で人気のマラソン大会8選【初心者におすすめ】


ホノルルマラソン(制限時間:なし)




海外の大会からひとつ、ハワイ・ホノルルで行われているマラソン大会です。


1973年に心臓病の医師の、「心臓病のリハビリと予防のためには、LSD(長距離をゆっくり走る)、フルマラソンを走るのが良い」、という考えに基づき始められた大会です(ホノルルマラソン公式サイトより引用)。


なので制限時間は設けられておらず、自分のペースで走ることができます。


海外の大会ですが、今では日本の憧れの大会として毎年1万人以上の日本人が参加するほどの人気大会となっています。


コースはアラモアナ公園をスタートし、ワイキキビーチ、ダイヤモンド・ヘッド、そしてカピオラニ公園でゴールという一度は走ってみたいですよね。


12月開催ですが、ホノルルの平均最高気温が27度ということでスタート時刻が5:00。


また、ライトアップされたクリスマスイルミネーションが飾り付けられており、夏のクリスマスは日本では珍しいので記念になりそうですね。


景色も最高で、一度は参加したい大会です。




まとめ フルマラソンは案外誰でも走ることができます。


フルマラソンと聞くと、敷居が高いイメージがあったと思いますが、今回紹介した大会をみていただいてわかったと思いますが、「時間を気にせず走ることを楽しもう」という考えの大会も数多くあります。


まずはタイムを気にせず、気軽に楽しめるマラソン大会に出場してみるといいと思います。


決して初心者でもできなくはないと思うので、是非チャレンジしてみてほしいです。


ゴールしたときには、今まで見たことのない景色と感動が味わえるかもしれません!




●関連記事

フルマラソン初心者向け持ち物リスト【完走経験者がおすすめする必需品は?】

初心者が完走しやすいフルマラソン大会10選




ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA