食事

【ロング走終わりに!】疲労回復や夏バテ予防に効果的な「豚キムチ炒め」

15キロ以上のランニングまたは、60分以上のランニングなど、長時間走ったあとは、しっかり栄養補給できているでしょうか。

ランニング後は、着地で受ける衝撃で骨や関節、筋肉に負担がかかり、また、赤血球が破壊されているので、ケガや貧血のリスクが高まります。

なので、ダメージを受けた筋肉の修復のためにしっかり栄養補給をしましょう。

今回は、疲労回復に効果的な「豚キムチ炒め」をご紹介します。

疲労回復や夏バテ予防が期待できます。

それでは、見ていきましょう。

「豚キムチ炒め」の作り方

今回のメニューは、駒沢大学陸上競技部の寮母・大八木京子さんが監修する「駒大陸上部の勝負めし」を参考に作成しています。

また、手間をかけず、作りやすいような工程にしているため、本のレシピ通りではございませんのでご理解ください。

詳しいメニューは、本をご覧ください。

材料(1人分) 調理時間5分

・豚もも肉(150g)
・たまねぎ(1/2個)
・しめじ(1/2束)
・もやし(1/3袋)
・ニラ(50g)
・キムチ(100g)
・ニンニク(1片)
・塩コショウ(少々)
・サラダ油(適量)

作り方

1. たまねぎ、しめじ、ニラ、を食べやすい大きさにカット
2. 豚もも肉を一口大にカット
3. フライパンに油を入れ、ニンニク、たまねぎ、しめじ、ニラ、もやし、豚もも肉を入れ、炒める
4. 十分炒めたら、キムチを投入
5. 塩コショウを振る

手順は、材料を切り、味付けは塩コショウのみ

料理工程はシンプルなので、普段料理をしない方でも簡単に作る事ができます。

効果の面でも、「豚もも肉」「しめじ」に含まれるビタミンB1には、乳酸など疲労物質が貯まるのを防いでくれます。

「ニラ」「ニンニク」には、アリシンが含まれており、免疫力を高めて風邪を予防する効果があります。

また、ビタミンB1 + アリシンを同時に摂ることでビタミンB1の吸収率を高めてくれるので、疲労回復するには積極的に補給したほうが良いでしょう。

「キムチ」に含まれる乳酸菌は、腸内環境改善効果があるので、便秘解消に最適です。

ビタミンB1(豚もも肉) + アリシン(ニラ、ニンニク) 
で疲労回復の効果が期待できる

本日は以上です。

材料を炒めるだけで、簡単に調理可能ですので、ぜひ試してみてください。

また、今回紹介した本には、第97回箱根駅伝(2021年)総合優勝の「駒沢大学」の日々の料理が載っていますので、食生活の参考にしてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
yusuke saito
初心者のためのマラソンブログ「31らん(さいらん)」運営者。2018年6月にランニングを始め、年間1,000キロ近く走ってます。これまでの記録は、【フルマラソン】 5:27:23(2019板橋Cityマラソン) 【ハーフマラソン】 1:46:18(第39回フロストバイトロードレース)【10キロ】42:47 【5キロ】19:08 【1キロ】3:17 マラソン大会に向けた流れやトレーニング方法、ランニンググッズを紹介していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA