東海地方で人気のマラソン大会9選【初心者におすすめ】

東海地方(愛知県・岐阜県・三重県・静岡県)で開催される初心者におすすめの人気のマラソン大会ってどこですか? そんなギモンを解決します。


マラソン大会によって、条件が様々です。


例えば、給水所の数が少ない。荷物は各自で管理をお願いするところ。沿道の応援する人数。などなど


特に初心者の方の場合、慣れない環境で走ることになるので、なるべく大会運営のサポートが厚いほうが安心すると思います。


実際ぼくも初フルマラソン出場の際は、「トイレがあるのか」「給水所で水分が摂れなかったらどうしよう」など不安がありました。


僕が思う初マラソンで気になるポイントを挙げさせていただきました。


    ●初心者が気になるポイント
    ・更衣室・荷物置きがあるのかどうか
    ・アクセスが良いのかどうか
    ・気候がちょうどいいのかどうか
    ・給水所がしっかりとあるのかどうか
    ・スタッフ、救護室が備わっているのかどうか
    ・沿道の応援が多いのか少ないのか ・景色がいいのかどうか



このような点を踏まえ、今回はフルマラソン経験者である僕(心配性)が思う「初心者におすすめの東海地方で開催されるマラソン大会」をご紹介します。


「フルマラソン」「ハーフマラソン」でご紹介するので、自分が走れそうな距離で参考にしてみてください。


それでは、いってみましょう。


フルマラソン


静岡マラソン


静岡県静岡市で3月に行われる『静岡マラソン』


日本陸上競技連盟(JAAF)の公認大会であり、国際陸上競技連盟(IAAF)公認でもある国際コースです。


世界遺産・富士山をはじめ、田園風景や南アルプスの山並みなどの景色を楽しみながら走ることができます。


なんといっても、アップダウンが少ないため、自己記録更新や初マラソン完走がしやすいです。


2019年大会では、大会史上最も高低差のないフラットなコースに変更になったため、より走りやすくなっています。


給水所は15ヶ所、うち給食がある場所が6ヶ所となっています。


トイレは25ヶ所で1,2キロおきに設置されているので、急な腹痛でも安心ですね!


制限時間は5時間30分とやや短いですが、超フラットなコースなので初マラソン参加者でも完走できるタイム設定だと思います。





しまだ大井川マラソンinリバティ


静岡県島田市で10月に行われる『しまだ大井川マラソンinリバティ』


特徴は、全国初のマラソン専用コース「リバティ」で行われます。


「リバティ」とは、実業団・大学陸上部の合宿地として年間を通してトップアスリートが利用する場所のことです。


ベテランは記録を狙えるコースで、初心者の方は完走を狙いやすいコースかつ制限時間が7時間と平均より長めというのも「完走」を後押ししてくれそうですね。


給水所・給食は15ヶ所あり、おでん、いなり寿司、おかゆなど30種類にも及ぶ豪華なメニューが!!!


また、1ヶ所を「フルーツステーション」として、メロン、パイナップルなど用意しているので疲れた身体に糖分が染み渡るでしょう。


ほかにもフルマラソン完走をサポートする練習会や完走後にはお茶や和菓子などの提供やイベントを開催しているので、走った後の楽しみを味わえる大会としてぜひ参加してみてはいかがでしょうか。


この投稿をInstagramで見る

. 27日の日曜日 #しまだ大井川マラソン の話。 自分の備忘録としてまとめ。 Bブロックからスタート。 pic3 2km付近で3.5hペースランナーと、それを取り巻く群集を捉え(おとなしくそれに付いて行けば良いのに)貯金を作るべく少しペース上げて前を走り続ける。 20km過ぎまではノントラブルペースで「このまま行けるんじゃないか?」と勘違い。 すると20km超えた付近から急激に足が重くなり、大腿四頭筋が張ってくる💧 pic4 左足背痛や、右の立方骨付近痛、また神経薬内服してきたのに頸椎症による首と左足肩・腕痛が出始め、タイムは急減速💧 25km付近で3.5hペースランナー集団に飲み込まれ、なんとか必死に喰らい付くが500mも粘れず置き去りに… 大腿四頭筋がバラバラになるんじゃないか?と思うほどの激痛に変わり、足の弱ったお爺さんみたいなヨボヨボ状態から遂に歩き始める。 pic5 今回はエイドは最小限にしてタイムを稼ごうとしてたけど、もうこれは無理と判断、34km付近の大エイドステーションで、チキンラーメンなどガッツリいただく。 pic6 後はもうウォーキングタイム。 暑過ぎず、雨も降らず、素晴らしいコンディションだったのに、何で俺は歩く事しか出来ないんだろうと残念無念… やがて4hペースランナー集団にも抜き去られ、長く感じたウォーキングからフィニッシュ。 初めてフルマラソンを走ったのも、初めてサブフォー達成したのもこの大会、そして初めて5hオーバーの自己ワーストタイムで完走したのもこの大会になってしまった。 また今回もペース配分と言うものを誤ってしまったレースになってしまいました。 さあ明日は #浜名湖マラソン 10km スピード練習のつもりで走ってきます。 #ランニング #フルマラソン

杉山 光彦(@mitsuhiko_racing)がシェアした投稿 –




袋井クラウンメロンマラソン in ECOPA


静岡県袋井市で12月に行われる『袋井クラウンメロンマラソン in ECOPA』


会場は「ラグビーワールドカップ2019」の開催地であるエコパスタジアム。


コースは袋井有数の観光スポット「遠州三山」を巡る景色の変化に富んだコースとなっています。


給水所は5キロおきに設置してあり、イチゴやみかん、袋井銘菓など充実したおもてなしが用意されています。


一番の特徴は、果物の王様「クラウンメロン」が頂けます。また、フィニッシュ順位50位ごとに飛び賞として「メロン」が貰えるサービスも!!!


会場の「エコパスタジアム」にはシャワールームが完備されており、汚れた身体をスッキリさせて帰ることができたり、最寄りの「愛野駅」から会場まで徒歩15分とアクセス抜群などストレスなくレースを楽しめると思います。


リビング×メ~テレマラソンパラダイス in モリコロパーク


愛知県長久手市で2月に行われる『リビング×メ~テレマラソンパラダイス in モリコロパーク』


会場は2005年に自然の叡智”がテーマ 21世紀初の万博が開催された愛・地球博記念公園。通称モリコロパークです。


コースはこの記念公園の中を走る周回コース!


緑溢れる森や池を横切る完全舗装された安全で走りやすいランニングコースとなっており、フルマラソンは1周10キロちょっとを4周走ります。


普段は公園として利用されているのでトイレも完備されています。


また、話題の大エイドステーションでは、ナゴヤメシやスイーツなどランナーのエネルギーをチャージするおもてなしが多くあります。


メイン会場ではB級グルメの販売車やスイーツのブース、企業ブースのストリートで賑わいを見せ、応援だけでも十分に楽しめます。


アクセスも最寄り駅の愛・地球博記念公園駅から徒歩1分と良いので移動も楽です。


元万博跡地でフルマラソン走ってみませんか?





ハーフマラソン


富士マラソンフェスタ in FUJI SPEEDWAY


静岡県駿東郡小山町のモータースポーツの聖地 「富士スピードウェイ」で12月に行われる『富士マラソンフェスタ in FUJI SPEEDWAY』


なんといっても特徴はサーキットコースを走れること!普段走ることのできない場所を走れる貴重な体験ができます。


ハーフマラソンはコースを4周する周回コースです。高低差が36mとややありますが、自然に囲まれたコースなので開放感がいっぱいです。


更衣室やトイレ、休憩室といった場所は常備施設を利用することができるのでストレスがないです。


また、12月と寒い気温でも暖かい暖房の効いた部屋で準備することができますので、ランナーにも優しい!


会場ではスポーチグッズのブースや豚汁の無料配布、地元の子供たちによるパフォーマンスなど大会を盛り上げてくれます。


この投稿をInstagramで見る

サーキットデビュー🏁 #富士マラソンフェスタ #fujispeedway

omiya(@souvenir038)がシェアした投稿 –




ジュビロ磐田メモリアルマラソン


静岡県磐田市で11月に行われる『ジュビロ磐田メモリアルマラソン』


全国ランニング大会100選に選ばれた人気大会でサッカープロチーム「ジュビロ磐田」の本拠地ヤマハスタジアムが会場です。


特徴はジュビロ磐田の選手が参加していること。


スターターや応援団などいたるところに選手が登場します。なのでジュビロ磐田ファンとしてはぜひ参加したいところ!


初心者にやさしいフラットなコース、また、制限時間が3時間もあるので時間に余裕を持って走ることができます。


給水所は5ヶ所、トイレも等間隔で完備されており、給食には磐田産「ライオンメロン」がご用意されています。


他には参加賞でオリジナルTシャツや磐田産農産物つめあわせ、磐田銘菓つめあわせなどがいただけるほか、仮装で大会を盛りあげた方に贈られる「仮装特別賞」やジュビロ磐田選手直筆サインがプレゼントされる「とび賞」などもご用意!


レース後には、磐田グルメを満喫できる『ジュビロ磐田メモリアルマラソン』となっています。


この投稿をInstagramで見る

おはようございます! いよいよ明日ジュビロマラソンです! 昨年度のスタート後風景です! 今年もたくさんのご参加がありますのでケガに注意してベストを尽くしてください! 皆さんに会えるのを楽しみにしております!(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑ #ジュビロマラソン2019 #ジュビロマラソンフォトコンテスト #ジュビマラフォトコン #ジュビロマラソンに向けて #jubilomarathon #jubilomarathon2019 #ジュビロ磐田メモリアルマラソン #ジュビロ磐田メモリアルマラソン2019 #ジュビロ磐田 #jubilo #ジュビロ磐田 #Jubiloiwata #マラソン #努力 #向上心 #サッカー #ラグビー #ヤマハ発動機

ジュビロ磐田メモリアルマラソン(@jubilomarathon)がシェアした投稿 –




愛知池ハーフマラソン&ファミリーラン


愛知県愛知郡東郷町で12月に行われる『愛知池ハーフマラソン&ファミリーラン』


大会の特徴は初心者の方でも完走しやすい点です。


制限時間が3時間と長く、アップダウンの少ないコースです。その点もあり、大会の完走率はなんと98%。ほとんどの人が完走できたことになります。


コースは1周7.4キロのジョギングコースを2周ちょっと走る周回コースで給水所、トイレは2ヶ所にあります。


おしるこや豚汁のおもてなしのほか、クリスマスが近いことからサンタコスのランナーに出会えるかも!大会当日は仮装大賞を選出するのでみなさん仮装の準備を忘れずに!


おおがきマラソン


岐阜県大垣市で12月に行われる『おおがきマラソン』


コースは全国的にも珍しい4層の天守を持つ「大垣城」をスタートし、豊臣秀吉が一夜にして築いたと伝えられる「墨俣一夜城」や奥の細道むすびの地記念館など大垣の魅力がいっぱいのコースとなります。


給水所は4ヶ所、トイレは3ヶ所あり、ハーフマラソンの制限時間は3時間と余裕たっぷりです。


参加者全員に参加賞があるほか、ゲストランナーのサイン入りグッズや大垣市特産品などがもらえるお楽しみ抽選会などうれしい特典が盛りだくさんとなっています。


志摩ロードパーティハーフマラソン


三重県志摩市で4月に行われる『志摩ロードパーティハーフマラソン』


会場はスペインの街並みを再現した子どもから大人まで楽しめるテーマパーク「志摩スペイン村」です


コースは志摩スペイン村をスタートし、鳥羽と志摩を結ぶ全長23.8kmのドライブウェイ「パールロード」で的矢湾を望む絶景を楽しみながら走るコースとなっています。


完走後は「御食つ国」志摩のご当地グルメが味わえる「伊勢志摩物産市」を開催しており、伊勢エビやカキなどを使った料理が楽しめます。


また、大会出場者1名につき、付き添いを含め1日あたり5名さままで志摩スペイン村「パルケエスパーニャ」で遊ぶことができるうれしい特典も!!!


パルケジュニアランでは志摩スペイン村を周回するコースなので、志摩スペイン村の雰囲気を楽しみながらご家族でランニングをしてみてはいかがでしょうか。





まとめ 給水所・救護体制・更衣室などサポートが充実している大会を選ぼう!


どの大会もランナーのサポートをしっかりしていると思いますが、中には「給水所」が少なかったり、コース上に「トイレ」がない大会もあると思います。


また、アクセスが電車で行けない場所、駅から離れているなど条件は様々です。


ぼくが大会を探すときに気をつけている点は、「給水所の数」「救護体制が整っているか」「アクセスの良さ」です。


水分補給をする、しないで身体の動きが全然違います。


熱中症になる可能性もあるため、「給水所」の数は特に気をつけています。


今回は、挙げさせていただいた大会はサポートがしっかりしているので、安心して臨むことができるでしょう。


これから、マラソンに挑戦しようとしている方、ぜひ参考にして頂けたらと思います。


関連記事:フルマラソン初心者向け持ち物リスト【完走経験者がおすすめする必需品は?】

最新情報をチェックしよう!