【初心者におすすめ】大阪で人気のマラソン大会6選

大阪で開催される初心者におすすめの人気のマラソン大会ってどこですか? そんなギモンを解決します。


マラソン大会によって、条件が様々です。


例えば、給水所の数が少ない。荷物は各自で管理をお願いするところ。沿道の応援する人数。などなど


特に初心者の方の場合、慣れない環境で走ることになるので、なるべく大会運営のサポートが厚いほうが安心すると思います。


実際ぼくも初フルマラソン出場の際は、「トイレがあるのか」「給水所で水分が摂れなかったらどうしよう」など不安がありました。


僕が思う初マラソンで気になるポイントを挙げさせていただきました。


    ●初心者が気になるポイント
    ・更衣室・荷物置きがあるのかどうか
    ・アクセスが良いのかどうか
    ・気候がちょうどいいのかどうか
    ・給水所がしっかりとあるのかどうか
    ・スタッフ、救護室が備わっているのかどうか
    ・沿道の応援が多いのか少ないのか ・景色がいいのかどうか



このような点を踏まえ、今回はフルマラソン経験者である僕(心配性)が思う「初心者におすすめの大阪で開催されるマラソン大会」をご紹介します。


「フルマラソン」「ハーフマラソン」でご紹介するので、自分が走れそうな距離で参考にしてみてください。


それでは、いってみましょう。


フルマラソン


大阪マラソン


大阪で開催されるフルマラソン大会と言えば『大阪マラソン』。32,000人が駆け抜けます。


「みんなでかける虹。」これは「虹をかける」の「架ける」と「走る」の「駆ける」を掛け合わせたもので『大阪マラソン』のスローガンです。


コースは大阪府庁前をスタートし、大阪市中央公会堂、京セラドーム、なにわ筋、四天王寺、そしてゴールである大阪城公園まで大阪の街並みを走るコースとなっています。


制限時間は7時間とゆとりがありますが、人が多いので自分のペースで進めない場合があるので注意が必要です。


大阪マラソンは大会当日だけでなく、前日に楽しめるファンランイベントを開催しています。


初心者・中・上級者の方が、様々な目的やレベルにあわせてご参加いただけるので安心して練習できますね!


大阪一大イベント『大阪マラソン』一度は出てみたいです。


この投稿をInstagramで見る

大阪マラソン2018🏃‍♀️。スタートの後は、沿道から赤星憲広さんと応援📣 表彰式に出席し、優勝したケニアのチャールズ・ムネキ選手にオリーブの王冠を👑女子は、この前の記事のラストのモロッコの選手が新記録で優勝しました🏅 ここからは親子チャリティランに参加です🏃‍♀️ 。 #晴天に恵まれ少し暑いくらいでしたがお疲れ様でした! #私のウエアは全身MIZUNOです #このコースは最後で来年は大阪城公園がスタートとゴールに🏯 #明日は13時55分から15時50分読売テレビ情報ライブミヤネ屋に出演です #大阪マラソン2018

Mika Ahn(@ahnmikaofficial)がシェアした投稿 –




大阪・淀川市民マラソン


大阪府守口市の河川敷で行われる『大阪・淀川市民マラソン』


『大阪・淀川市民マラソン』は勝つこと・早く走ることを目的とせず、誰もが気軽に楽しめるマラソン大会として1997年から現在まで続いています。


コースは河川敷を通るコースで、通常通れない「淀川大堰」が渡れる貴重な大会です。


給水所は14ヶ所、トイレも数カ所完備されているほか、救護施設もコース内に10ヶ所あるので気分が悪くなってもすぐに駆けこめる体制も整っています。


『大阪・淀川市民マラソン』の特徴は制限時間の長さでフルマラソンは7時間20分もあります。


ちなみにハーフマラソンは4時間と大会コンセプトどおり、「誰でも気軽に楽しめる」大会として初心者におすすめです。





なにわ淀川ロケットマラソン


大阪府大阪市にある淀川河川公園西中島地区が会場の『なにわ淀川ロケットマラソン』


大会名に「ロケット」とあるようにロケット事業の発展の一助となるべく『インターステラテクノロジズ株式会社』に参加料の一部を寄付をします。


『インターステラテクノロジズ株式会社』とはホリエモンこと堀江貴文さんが設立した会社です。


そんな『なにわ淀川ロケットマラソン』おすすめのポイントが盛りだくさん

    おすすめポイント
    ・荷物預かり無料サービス
    ・駅からのアクセスが良い(新大阪駅から一駅で最寄り駅から徒歩5分)
    ・制限時間を長めに設定
    ・コースはフラットで距離表示も1キロごと
    ・初心者向けペースメーカー導入


制限時間はなんと8時間と初心者でも安心して完走が目指せる時間設定がされています。


また、コースは河川敷を走るのでアップダウンがなく、ペースメーカーが一定の速度でゴールまで導いてくれます。


参加料の安さも評判でフルマラソン4,900円(相場6,500円)とコストパフォーマンス抜群!


参加賞のオリジナルTシャツや大ビンゴ大会など1日通して満足できる大会です。





ハーフマラソン


寝屋川ハーフマラソン


大阪府寝屋川で行われる『寝屋川ハーフマラソン』


コースは寝屋川市東部の丘陵地帯から南部の低地までアップダウンがややあり、府営寝屋川公園から新寝屋川八景にも選ばれている成田山不動尊や萱島駅近辺の景色が楽しめます。


給水所、トイレは7ヶ所、あめ・チョコレート・パンなどの給食コーナーは3ヶ所、AED設置箇所は4ヶ所とサポートもバッチリ!


会場アクセスは最寄り駅のJR寝屋川公園駅から無料シャトルバスが出ているので便利でありがたいです。





大阪ハーフマラソン


コースは大阪城公園をスタートし、ゴールがヤンマースタジアム長居となっており、また、高低差がないので走りやすいです。


同日に「大阪国際女子マラソン」も行われており、ゴール地点が大阪ハーフマラソンと同じなんです。


それにハーフマラソン終了後に「大阪国際女子マラソン」のランナーが帰ってくるため、スタンドから見届けることもできます。


アクセスもよく、ゴール後のご褒美もあり、また、大阪の街並みを感じながら走れる大会としてぜひおすすめです。





高槻シティハーフマラソン


大阪府高槻市で行われる『高槻シティハーフマラソン』


コースは淀川の河川敷なので高低差がなく、走りやすいです。


給水所、トイレ、救護室がそれぞれ3ヶ所に、エイドステーションが1ヶ所と初心者ランナーに優しいです。

大会の魅力として

    ●大会の魅力
    ・無料送迎バスで会場までの移動が便利に!
    ・参加費が3,500円と安い
    ・全日本ハーフマラソンランキング対象大会です
    ・レース後の軽食サービス
    ・沿道の応援が熱い ・手荷物置き場の設営あり ・20人の医師・看護師が一緒に走ります。AEDも21ヶ所配置


初心者にも優しい特典が盛りだくさんなので、初レースにもおすすめです。


まとめ 給水所・救護体制・更衣室などサポートが充実している大会を選ぼう!


どの大会もランナーのサポートをしっかりしていると思いますが、中には「給水所」が少なかったり、コース上に「トイレ」がない大会もあると思います。


また、アクセスが電車で行けない場所、駅から離れているなど条件は様々です。


ぼくが大会を探すときに気をつけている点は、「給水所の数」「救護体制が整っているか」「アクセスの良さ」です。


水分補給をする、しないで身体の動きが全然違います。


熱中症になる可能性もあるため、「給水所」の数は特に気をつけています。


今回は、挙げさせていただいた大会はサポートがしっかりしているので、安心して臨むことができるでしょう。


これから、マラソンに挑戦しようとしている方、ぜひ参考にして頂けたらと思います。


関連記事:フルマラソン初心者向け持ち物リスト【完走経験者がおすすめする必需品は?】

最新情報をチェックしよう!